トップページイベント情報 > 秋のフローラル祭

秋のフローラル祭2020

フローランテ宮崎 「秋のスケッチ大会」審査結果発表

秋のフローラル祭期間中の10月10日、11日で「秋のスケッチ大会」を開催いたしました。天気にも恵まれ、ご来園いただいた沢山のお客様に、秋のフローランテ宮崎の花々を気持ちよくスケッチいただけたと思います。
 総応募数161点の作品の中から、宮崎県造形教育研究会 顧問 平原孝敏氏により厳選なる審査の上、以下の通り」入賞者を決定させていただきました。


■一般部門■ 最優秀賞
「あぁ・・・晴天なり・・・。」

大前 花菜江 様(宮崎市)



■一般部門■ 優秀賞
「癒しのフローランテ」

森本 裕子 様(宮崎市)



■中学生部門■ 最優秀賞
「秋花の共演」

白上 様(宮崎市)



■中学生部門■ 優秀賞
「花」

小出 光姫 様(宮崎市)



■小学生部門 最優秀賞
「カラフルな花と虫たち」

内田 三結 様(宮崎市)



■小学生部門■ 優秀賞
「おうちまでのはなみち」

河原 妃花 様(宮崎市)



■未就学児部門■ 最優秀賞
「初めて来たフローランテ」

前田 優 様(新富町)



■未就学児部門■ 優秀賞
「おはな いっぱい フローランテ」

きょうちゃん 様(宮崎市)


<講評>
コロナ禍で春のスケッチ大会から秋のスケッチ大会に代わって、台風が心配されましたが、さわやかな秋空のもと沢山の家族の方々に参加していただき161点の応募をいただきました。 特に小学生のみなさんが多くて審査にも苦労しました。
 審査を終え、感じたことは、小学生や学童前のお子さんの完成が素晴らしく、フローランテ内の雰囲気や花々の様子がしっかり描かれていたことです。 また、一般の方の中には、しっかりした表現力を持っておられるのに描きこみ不足が見られ、入賞には今一歩という方が多くみられました。
 これを機会に益々表現の楽しさを味わってください。


宮崎県造形教育研究会 顧問 平原 孝敏