トップページ花・ガーデン情報 >春のフローラル祭

春のフローラル祭2019 3月9日~5月26日


  JA宮崎中央洋ラン部会

 華麗な花が群れて、独特の気品が漂うコチョウラン。宮崎市は全国的にも有名なコチョウラン産地であり、宮崎の温暖で年間を通して日照時間が長い気象条件を生かして栽培されます。花が美しいのはもちろん、大きくて丈夫で、3か月以上も長持ちする高い品質は、全国でもトップクラスに入り、またたくさんの花のコンテストにおいて受賞されています。今年もアトリウムガーデン(屋内庭園)にて、魅力的で豪華なたくさんのコチョウランをご覧いただけます。ぜひその目でお確かめください。



  サカタのタネ

 国内シェアトップクラスの種苗会社「サカタのタネ」から、今年もぴったりちゅうりっぷが園内を元気に明るく咲き誇ります。今回は1つの花壇に、花色の異なるチューリップをまぜ合せた花壇がいくつも連なるエリアや、チューリップと相性の良いスイセン約20品種約2,000球とヒヤシンス約10品種約1,000球を組み合わせた花壇もお楽しみいただけます。ぴったりちゅうりっぷ約50品種10万球が、春の花々とともに一斉に咲きそろう様を、ぜひご体感ください。
※ぴったりちゅうりっぷとは、シリーズごとに花の大きさや草丈、花の咲く時期がぴったりとそろう性質を持ち合わせているチューリップのことです。



  綾園芸

 ラナンキュラスの育種や栽培で有名な宮崎県綾町の「綾園芸」作出のオリジナル品種 'ラックス'は、花びらに光沢があり、日の光が当たるとより艶やかにキラキラと美しく輝く綺麗なラナンキュラスです。水はけの良い場所で地植えをすれば、年を越すほど株が大きくなり、1株から次々と花が咲き続けます。また3/9~31には、同じく綾園芸が育種した切り花向きのラナンキュラスが登場します。鮮やかで彩り豊かな花色の花びらが幾重にも重なり、その花の豪華さに加えて珍しい品種もご覧いただけます。2種類のラナンキュラスをぜひお楽しみください。



  京成バラ園芸

 育てやすい品種、香りの強い品種など、日本の風土に合わせた品質の高い様々なバラを数多く作出し、また世界的なバラのコンクールやコンテストで数々の受賞歴を持つバラを輩出し続ける、世界でも有数のバラの育種会社の日本総代理店である「京成バラ園芸」のバラを、今年も特設花壇にてご覧いただけます。宮崎の強い日差しにも色あせしにくい花を持つ品種、初心者の方でも育てやすい、病気に強い、香りが高い、暑さ・寒さに強い、一重咲きから幾重にも、花びらが重なる花形など、それぞれ異なる性質や特性をもつ約600鉢のバラが、にぎやかに美しく輝くさまをぜひお楽しみください。

<ガーデントークショー>
5/4(土) 11:00~、14:00~

 京成バラ園ヘッドガーデナー、村上敏 氏によるトークショー。
バラの性質や個性について、また美しく咲かせるためのコツや花後の管理方法など、バラに関するお話をします

<Rose Shop>
 期間中、展示しているバラ株の一部を販売します。ご購入いただいたバラ株は展示期間終了後にお引渡しします。またバラの花・実・香りを楽しむ、京成バラ園芸オリジナルグッズもお買い求め頂けます。



  エム・アンド・ビー・フローラ

 新しい植物を次々と提供している種苗会社「エム・アンド・ビー・フローラ」が推奨する、真夏の直射日光の下でも、元気に休むことなく咲き続けるインパチェンスハイブリッド バウンス’。名前の由来どおり、水枯れによるしおれからの回復力が早く、また1株で高さ50㎝以上に大きく生長しながら丸くドーム状になる植物です。今年は7色の花色を使ってグラデーションかかった花壇にしました。約4,000株のバウンスが繰り広げる花の「森」が、明るくにぎやかに芝生広場に登場します。


 新しいタイプのヒマワリ 'サンフィニティ’が、季節を先取りしてこの春に初お目みえします。生長が早く、1株で次々と花を咲かせ、地植えすれば約3か月間咲き続けるという、とても丈夫なヒマワリです。大きい黄色の花が、元気で明るいイメージを想像させてくれる夏の代表花であるヒマワリを、一足早く特設花壇にてご覧いただけます。展示される期間中も日に日に生長し続ける、約1,200鉢の雄大で力強い、堂々とした姿をぜひお楽しみください。


 園内西側外周沿い花壇にて、ストリートガーデンが初登場!前半は優しい色合いで可愛い花マーガレット約1,000鉢、後半は鮮やかな色で目を引くマリーゴールド約2,000株をご覧いただけます。
●マーガレット 4/20~5/6
●マリーゴールド 5/11~26